agaの進行を少しでも遅くする対処法

agaとは男性型脱毛症のことですが、これは男性に起きる薄毛や抜け毛のほとんどがagaによる脱毛症だと言われています。ですので、原因がしっかりと分かってしまえば、正しい対処方法を行う事で進行を食い止めることが可能になります。症状が軽度であれば専門機関に行くことなく改善をすることも可能な場合もありますので、まず大切なことは抜け毛の原因を知って、自分自身がどの原因によって進行しているのかを把握することです。その上で、その原因となっている行動などを改善することですることで進行を食い止められる可能性もありますので、ここでは主な原因と、その原因に対する対処方法をお伝えしていきますので、正しい対処をして進行を少しでも食い止められるようにしてください。

抜け毛が起こる原因をすることが大切

agaは男性型脱毛症とも呼ばれる抜け毛や薄毛ですが、なぜ男性型脱毛症と呼ばれるのかというと、何らかの原因によってホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンが過剰分泌してしまう事で起こります。男性ホルモンの一種である遊離テストステロンが酵素である5αリダクターゼによってDHTと呼ばれる成分に変化して、そのDHTが生成されるとヘアサイクルが乱れてしまいます。これによって抜け毛が増えたり毛が正常に成長しなくなり、細い毛が増えてしまいます。そして、男性ホルモンの一種であるDHTが増加する原因としては、睡眠時間の乱れや睡眠不足、さらにはアルコールの過剰摂取、脂っこい食事の過剰摂取、過度なストレスなど様々な原因によって引き起こされてしまいます。ですので、これらの原因を取る除くことでホルモンバランスが正常に戻り、抜け毛や薄毛を改善することが可能になります。

原因を知ったら対策をして進行を食い止める

ホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンの一種であるDHTが過剰分泌することで、ヘアサイクルも乱れてしまうのですが、ではどのようにすれば男性ホルモンの分泌を正常にして、agaの進行を食い止めることができるのでしょうか。まず歯睡眠時間ですが、人間は夜の10時から夜中の2時までの間に睡眠をとることでホルモンが分泌されると言われています。ですので、その時間帯にしっかりと睡眠をとらないとホルモンが正常に分泌されなくなりヘアサイクルも乱れてしまいます。またアルコールやタバコなどもホルモンバランスを乱す原因になりますので、アルコールの過剰摂取やタバコは抜け毛が進行する原因になりますし、血流も悪くすることから原因としては比較的大きいです。最後に髪の毛の成長にはビタミンやミネラルなどのバランスの取れた栄養素が必要になりますので、脂っこい食事は控えるようにして、ビタミンやミネラルなどが豊富な緑黄色野菜を積極的に食べるようにしてください。