agaになってしまった方への相談窓口

薄毛や抜け毛は気になるものです。進行を止めようと市販の育毛剤などを頭皮に塗布したり、頭皮が硬くならないように頭皮マッサージを試みることもありますが、徐々に毛髪が後退することがあります。薄毛や抜け毛になる原因には食生活や生活習慣の乱れやストレスなどが影響している場合もありますが、男性ホルモンが影響しているagaの場合も考えられます。どちらも薄毛の原因ですが、食生活や生活習慣の乱れなどは改善することで薄毛が改善されることもありますが、男性ホルモンが影響しているagaの場合は生活習慣などの改善も必要ですが、専門のクリニックでの治療も必要になります。クリニックで治療せずに市販の育毛剤などセルフケアでは改善したり治ることはなく、逆に薄毛が進行してしまう場合もあります。

薄毛が気になったら相談することがベストなこと

薄毛が気になると育毛剤などを購入して自己流にケアしますが、男性ホルモンが影響しているagaは市販の育毛剤などでは食い止めることができません。早めに治療を開始することが良い選択となります。男性ホルモンの影響であるagaは、額の生え際、頭頂部、側頭部などが薄毛になり徐々に禿げていきます。原因は男性ホルモンの他に生活習慣の乱れや遺伝などもあります。生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどでも薄毛になることがあるため、薄毛が気になったら生活習慣や食生活を見直して、ストレスを解消しても薄毛の進行が止まらない場合はAGAを疑うことが必要です。自己判断は難しいためAGA薄毛の相談は全国の専門のクリニックで可能です。ネットで無料相談を受け付けている薄毛専門のクリニックを紹介しているサイトを参考にしても良いです。

薄毛の放置はさらに酷くなる可能性がある

薄毛の原因にはいくつかありますが、その中でもAGAの場合は早めに治療を開始することで薄毛は改善することが期待できます。酵素の働きで男性ホルモンが変化してできるDHTがAGAの原因であり、このDHTは退行誘導因子といわれる物質を生み出して健康な毛髪のサイクルを阻害します。これにより髪の毛が成長して抜けるまでの期間が短くなって太く成長する前に抜け落ちてしまい、次第に髪の毛が薄く見えるようになります。クリニックのAGAの治療は、原因のハッキリしているDHTの生成を阻害することや、退行誘導因子を生み出さないように治療します。治療方法は内服薬や外用薬を使い、クリニックによっては頭皮マッサージをするなどの治療が行なわれます。薄毛は放置するとさらに酷くなる場合もあります。薄毛が気になったら早めに専門クリニックに相談することが改善のためにも良い選択です。