よくわかるagaの進行パターン

agaは男性型脱毛症のことで、抜け毛や薄毛に悩まされている男性の多くは男性型脱毛症が原因となっているとも言われています。また進行型の脱毛症になりますので、個人差はありますがどんどんと進行して言ってしまいます。そして一度発症してしまうと、自然に治るという事はほとんどありませんので、放っておくとほぼ100%薄毛は進行していきます。見た目的にも分かるほどに薄毛が進行している場合は、すでに深刻な状況にまで進行しているケースが多い脱毛症ですが、この男性型脱毛症には進行パターンというものがありますので、まずは自分の進行パターンを知る事が大切になります。ここでは男性型脱毛症の進行パターンについてご紹介していきますので、自身がどのパターンに当てはまっているのか確認してみてください。

進行パターンは9パターンに分類できる

agaでは基本となる進行パターンが存在していて、専門機関による治療方法もその進行パターンに当てはめて進めていきますので、最も重要なパターンになります。では、この重要なパターンですが、基本的には9パターンに分けることができますが、これはⅠからⅦまでの番号がふられていて、数字が大きくなるほどに毛の量が少なくなります。そしてⅠからⅦまでの番号に加えて「vertex」と「a」が付くのですが、これは「vertex」がO型に脱毛が起きるパターンで「a」が前頭部から脱毛が起きるパターンになります。ですので、細かく分類をすると9パターンに分類できるのですが、大きく分けると男性型脱毛症は頭頂部から起こるO型と前頭部から起こるM型に分類することができるという訳です。

O型とM型パターンについて解説

agaの進行パターンは髪の毛の量によって9パターンに分類することができるのですが、大きく分けるとO型とM型の2パターンに分類することができます。まずO型ですが、これは前頭部や生え際にはそれほど後退は見られないものの、上から見ると頭頂部の毛の量が著しく減少しているパターンになります。O型は自分では気が付きにくいパターンになりますので、多くの方は他人から指摘されたり写真などによって気が付くことになります。次にM型ですが、これは前頭部やオデコの生え際から症状が進行していくパターンですが、このパターンの方が自分自身でも気が付きやすいので、早めに対処できるパターンになります。2つのパターンに分類できるagaですが、最終的には脱毛部分が進行していきますので、どちらのパターンからスタートしても、最終的には全体に症状が進行することになります。