今さら聞けないagaの基礎知識

いつの時代でも育毛剤は男性には気になる存在でした。髪がなくても生きていくことはできますが、髪がないことで自信を失ってしまったり、老けて見えてしまうなどのデメリットが生じます。女性に比べれば男性の髪の毛は話題にあがりにくいですが、本音では誰しも気にしていることです。特に家系的に薄毛の人が多いと、遺伝によって薄毛になるリスクが高くなるという心配が付きまといます。何が原因かわからないと怖いですが、原因が特定できれば対処できる可能性があります。agaも現代の医学で対処できる薄毛の症状です。予防方法や治療方法も次第に明らかになってきているので、症状にあった方法を選ぶことができればフサフサの状態を維持することができたり、薄毛になってからでも髪の毛を取り戻せる可能性があります。

脱毛の原因は男性ホルモンが悪さをするせい

agaの原因は、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)の体内での濃度が高くなることです。男性にとって、男性らしさを作り出すために男性ホルモンは欠かせないものです。体毛を濃くしたり、性に目覚めたり、筋肉質になったり、といった変化も男性ホルモンが作用するからこそ起こる変化です。しかし、男性ホルモンは他にもあり、テストステロンというのがあります。これはDHTが変化する前の姿で、テストステロンは髪にとって無害です。たとえテストステロンの濃度が高くなったとしても、脱毛は起こりません。しかし、加齢などでテストステロンが減少すると、II型5α-リダクターゼという酵素が働いてDHTに変化させます。テストステロンからDHTに変化するときに強い脱毛作用が生まれてしまうことで、脱毛が引き起こされます。

専門のクリニックが登場している

内科や外科といった診療科を持つクリニックはおなじみですが、最近ではagaを専門に扱っているクリニックも登場しています。もし症状が現れて脱毛が進んでしまっても、早期発見であれば対処しやすいです。一番ベーシックな治療は薬剤治療で、脱毛を抑制する内服薬と発毛成分が入った外用薬を塗って治療します。その他、専門外来で頭皮にレーザーを当てて行うレーザー治療もあります。レーザーによって頭皮の血行を改善させたり、細胞の活性化を図ります。発毛のための有効成分を混ぜた特製のカクテルを、注射器などを使って頭皮に直接注入するのはメソセラピーで、抜け毛予防や育毛効果が期待できます。これでも改善が見られない場合は、残っている自毛を薄毛が気になる部分に移植する自毛植毛を行なって治療することもあります。

思春期を過ぎてから髪が薄くなってきたと感じたら、AGAかもしれません。 agaには進行にあったケア方法があります。 一種類だけの投薬治療だと増毛効果が期待できない場合も多いです。 脱毛症の治療薬ミノキシジルは、髪の毛を太く長くする効果があります。 ミノキシジルタブレットは飲む育毛剤です。 agaには遺伝も大きな要素の一つです。 将来のために遺伝子検査だけを受けることも可能です。 池袋のaga・発毛治療専門クリニック